お客様に伝わるメニュー名の作り方!3つのコツ

こんにちは!福島美穂です。 では、本日のテーマはこちらです。

【お客様に伝わるメニュー名の作り方!3つのコツ】

先日、個別コンサルティングで、このようなご相談をいただきました。

許可をいただきましたので、ご紹介しますね。

-----

美穂さん

サロンで、新しいメニューを打ち出したいと考えています!

<エステ:ボディ  90分 12,000円>

○○産のオイルを使っていて、□□という成分が体に良い効果を与えてくれます。

そして…(中略)

いかがでしょうか?

東京都、美容サロン主宰、Mさま

-----

Mさま、ありがとうございます!

ただ…うーん。。

もったいない。。。

実に、もったいない。

何がもったいないのか。

それは、ずばり、「お客様が本当に知りたいこと伝えていないから」です。

お客様にとってはオイルが○産とかの情報よりも、「私はどうなれるの?」ということに興味があるのです。

たとえば、

----

【メニューA】

・フェイシャルエステ 60分

・ボディトリートメント 90分

-----

【メニューB】

・オールハンドが気持ちいい!キュッと引き締まった小顔になれるフェイシャルエステ 60分

・身体のむくみをスッキリ解消!憧れのくびれができるボディトリートメント 90分

-----

【メニューB】の方が、何だか気になりませんか?

理由はとてもカンタン!

「どうなれるのか?」が具体的に想像しやすいからです。

「私もこうなれるのかも!」と思ってもらいやすくなり、お申し込み率UPにつながります。

では、まとめます!

<お客様に伝わるメニュー名の作り方!3つのコツ>

1.理想のお客様像を決める

2.お客様がどうなりたいのか?を書き出す

3.2の中から「誰が、どうなる+やること」でメニューを作る

何か少しでもお役に立てますと嬉しいです。

こちらでは、もっと詳しく書いています!

 自然に理想のお客様が来てくれて、仕事と家庭を両方大切にしながら、自分の夢を叶えることができる!7日間無料メールセミナー 



関連記事

  1. お仕事につながるブログに欠かせないこと

  2. 起業を続けていく上で大切なのは「やりたいこと」が一番

  3. 理想のお客様に来ていただく3つの方法

  4. 無料と有料の上手な線引きの仕方

  5. お客様単価を上げるための3つのポイント

  6. お客様へのアプローチって実は2種類あります!