「あなたにお願いしたい!」と言っていただくためにやる3つのこと

こんにちは、福島美穂です。 さて、今日のテーマはこちらです!

【お客様から「お願いしたい!」と言っていただくためにやる3つのこと】

お客様から「あなたにお願い!」と言われたら、どう思いますか?

やっぱり…嬉しいですよね。

たとえば交流会などで名刺交換をすると、ときどき、

十数個の資格をズラーッと書かれた名刺をいただくことがあります。

率直に申し上げると、もったいないです。

なぜなら、私たちのように個人で活動している場合、「選ばれる理由」は多くの場合、技術や資格ではありません。

その人の「人となり」「考え方」「価値観」など…

ポイントは、この『想い』の部分です。

たとえば…

・なぜそのお仕事をはじめたのか?
・大切にしていることは何か?
・お仕事を通じて成し遂げたいことは何か?

などなど…

もちろん、技術や資格も(業種によっては)必要だと思います。

私も資格保有者(中小企業診断士)なので、資格の大切さも理解しているつもりです

でも、決定打にはならないはず。

なぜなら、技術や資格だけを追い求めるなら、

その大先生や資格発行元の協会に習いにいけば良いからです。

だからこそ。

『想い』を分かりやすく丁寧に「文字化」してください。

発信し続けてください。

発信し続けていると、共感してくださる方が現れます。

共感してくださる方と、コミュニケーションをとってください。

そうすると、どんどん『想い』が磨かれていき伝わりやすくなっていきます。

では、まとめます!

<お客様から「お願いしたい!」と言っていただくためにやる3つのこと>

1.『想い』を書き出す
(箇条書きもOK!とにかく書いてください)

2.発信してみる
(完璧でなくて構いません、「私はこう思う」ということの発信をしてください)

3.コミュニケーションをとる
(お客様アンケートやお茶会などで感想を聞く、も良いですね^^)

『想いを言葉(文字)に』って、最初は勇気がいるかもしれません。

少しでもお役に立てますと嬉しいです!

こちらでは、もっと詳しく書いています!

 自然に理想のお客様が来てくれて、仕事と家庭を両方大切にしながら、自分の夢を叶えることができる!7日間無料メールセミナー 



関連記事

  1. お客様にリピートしてもらうコツ

  2. お客様に「あなたから買いたい!」と言ってもらうコツ

  3. 初回割引をお勧めしない理由

  4. お客様に一歩踏み出してもらうためにやる3つのこと

  5. 共感されるプロフィール