開業が決まったら、まず必要なのは「開業届」

●開業が決まったら、まず必要なのは「開業届」

 

こんにちは、福島美穂です。

 

個人でお仕事をするときに、必要な届け出があります。

それが、開業届です^^

【開業届の出し方】

1.開業地域の税務署を確認する

※開業地域の税務署はこちらからチェック!

2.開業届を、税務署またはダウンロードで入手する

※個人事業の開業・廃業等届出書は、ここからも入手できます^^

3.開業地域の税務署に持参、または郵送で届け出をする。

☆おすすめの方法

開業届を2通用意しましょう!

1通は、控えとしてあなたの手元に残しておくためです^^

たとえば、融資を受けるとき、補助金の申請をするときなど、

「開業届の控え」が必要な場合があります。

青色申告する方は、「青色申告承認申請書 」も一緒に出しておきましょう!

開業届と一緒に出すのがおすすめです!

<郵送するとき>

・開業届2通
・返信用封筒

を、一緒にお送ります。

そのときに、「控えを残したいので、1通返送いただきたくお願いいたします」と送付状を付けるといいですね^^
開業届は、出さないからといって、罰則規定があるわけではありません。

でも、出しておけば得られるメリットもあります^^

また次回お伝えします!!

 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ

投稿者:entre-woman