★【言葉】商人はいかなるときでも嘘をいわぬこと

お疲れ様ですキラキラ

クローバーご訪問いただきまして、ありがとうございますクローバー

「心に寄り添い、仕事のお悩み解決します!」

中小企業診断士・産業カウンセラーのmihoです。

言葉には力があります。

そこで、一日の終わりに

「商売人としての哲学」

を考える一言を綴ります。


本日の言葉●

長い間に自分が得た商売人としての小さな哲学は、商人はいかなるときでも嘘をいわぬこと、というものである。
数字なるものは非常に正直な生きものであるから、一度、嘘をつくと何倍かになって暴れ出す。

by伊藤忠兵衛

伊藤 忠兵衛(いとう ちゅうべえ、明治19年(1886年)6月12日 -昭和48年(1973年)5月29日)は日本の実業家。伊藤忠財閥の二代目当主である。従三位 勲一等 瑞宝章 。幼名は精一。

起業を目指す女性会社員のための経営戦略アドバイザー☆miho

 

あなたは

「商売人としての哲学」を

どう考えますか?


ゆっくり休んでくださいね。

今日も一日、お疲れ様でしたラブラブ

応援していただけると嬉しいですキラキラ


女性起業家 ブログランキングへ  

ブーケ2最後までお読みいただきまして、ありがとうございましたブーケ2


ブログパーツ

投稿者:entre-woman