募集前から行列が実現!「〇〇効果」で次回募集が楽になる!!

●募集前から行列が実現!「〇〇効果」で次回募集が楽になる!!

こんにちは、福島美穂です。

 

募集前から行列が出来て、募集開始からすぐに満席を実現することができますよ!

 

今回は、「満席効果」についてご紹介します。

まず、ここで言葉を定義しますね。

※「満席効果」
募集をして「満席になりました!」と示すことで、「人気なのね!」と認識してもらうこと。

この「満席効果」は、このような時に使えます。

(1)募集状況をお知らせして露出を増やしたい&認知を広げたいとき

(2)次回の募集の際、お客様に「待っていてもらう」状態を作りたいとき

具体的に見ていきますね。

(1)募集状況をお知らせして露出を増やしたい&認知を広げたいとき

「募集状況のお知らせ」といえば、このような記事を目にされたことはありませんか?

「あと〇名様!□月□日…講座」など。

このように、募集状況をお知らせすることは、露出を増やすことにつながります。

募集の際は、露出を増やすということは、とても重要です。

理由は、そもそも発信をしないと知ってもらえない(認知してもらえない)からです。

知ってもらえないことは、申し込みもされないですよね。

「満席効果」では、満席になったらあえてこのように書きます。

「満員御礼!□月□日…講座」

たまに「満席になりました、とわざわざ言うのはちょっと…」という方がいらっしゃいます。

でも、このように「あえて書く」ことが大切です。

理由は、伝えていないものは伝わらないからです。

伝わらないものは、「ない(存在しない」のと同じになってしまいます。

もったいないですよね。

ですからぜひ、認知を広げたい場合は、しっかり状況を伝えるのがオススメです!

(2)次回の募集の際、お客様に「待っていてもらう」状態を作りたいとき

たとえばイベントで「満員御礼!…」と発信をすることは、今回のイベント報告になるというだけではありません。

「満員御礼!…」と書くことで、「このイベントは人気なんだ!」と認識してもらうことができます。

そうすると、気になっていた人は、こう考えてくださるようになります。

「あのイベントは人気だから、早めに申し込まないと!」

「あのイベントは満席になっていたから、チェックしておかないと」

などなど。

このように「満席」だと「認知」してもらえるからこそ、「(早めに)申し込もう!という行動」を促すことができます。

それが「次回の満席」につながるのです。

「3.「満席効果」で、状況報告と次回の満席を作る!」

このために、あなたなら、何ができそうですか?

何か少しでもお役に立てますと嬉しいです。

メル マガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報をギュッ!とまとめて、無料でお届けしています。

【無料】賢くきちんと稼げる女性起業家になるための秘訣を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。
 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ

投稿者:entre-woman