逆転の発想!弱みが実は魅力になるとっておきの伝え方

●逆転の発想!弱みが実は魅力になるとっておきの伝え方


こんにちは、福島美穂です。

 

一見「弱み」に思えることが、実は別の角度から見ると「強み・魅力」として打ち出すことができますよ!

 


先日、このようなご感想をいただきました!

 

一度もお会いしたことがない方から、10万円以上の通信講座をご購入いただきました!

これまでずっとケーキ・マカロン教室をしてきました。

小さい子供をもった母親でもあり、育児もしながらより多くの方に楽しんでいただきたいという想いがありました。

そこで!美穂さんに相談したところ、10万円以上の通信講座の認定講師講座を作ることにしました。

美穂さんに教えていただいたことをやっていくと、一度もお会いしたことがないfacebook上の方で鹿児島のお客様からお申込みをいただくことができました!

他の方からもご要望をいただいたりと、数か月前と状況が変わり、とても嬉しいです!

その他にも、やりたいことのお仕事がどんどん舞い込み、日々追われていますが、とてもワクワク充実しています。

東京都、ケーキ・マカロン教室、Tさま
 

 

Tさん、良かったです!私もとっても嬉しいです。

実は、Tさんご自身も幼いお子様を子育て中のママさんで、ダブルワークをされています。

つまり、とってもお忙しいのです。

だからこそ「習いたいけれど外に出られない」という方の気持ちが良く分かるのですね。

そこで!!

「逆転の発想」です。

 



こういった一見「弱み」に思えることが、実は別の角度から見ると「強み・魅力」として打ち出すことができるのです。

そのためにやっていただいたことはこの3つです。


<逆転の発想!弱みが実は魅力になるとっておきの伝え方>

1.一見「弱み」に思われることを、書き出します。

→たとえば…「駅から遠い」「育児などで時間がなかなか取れない」など。


2.逆転の発想!「弱みの裏側」を考えます。

→「駅から遠い」→遠さ以上の魅力を打ち出せないか?
→「駅から遠い」→遠さを感じさせないアプローチがができないか?
→「時間が取れない」→自由な時間でできるようにするには?
→「時間が取れない」→簡単にできるようにするには?

などなど。


3.「2」を踏まえて「魅力」として打ち出します。

→「通信講座なら、あなたのご都合に合わせてじっくりたっぷり学ぶことが出来ますよ♪」など。

ポイントは、「弱い部分は、そのままで戦わない」ということです。

たとえばサロンをされていて、あなたのサロンが駅から15分以上かかるサロンさんだったとします。

駅前にもし大手のサロンさんがあったら?

「駅からの距離」では勝ちにくいですね。

であれば、そこは戦ってはいけないところなのです。

 



他の魅力をしっかり打ち出すことの方が、ずっと大切です。

それが、「選ばれる理由」になっていきますよ!

何か少しでもお役に立てますと嬉しいです。

 

メル マガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報を、無料でギュッ!とまとめてお届けしています。


【無料】賢くきちんと稼げる女性起業家になるためのエッセンスがギュッと詰まった秘訣を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^
 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。
 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ

投稿者:entre-woman