はじめてのお客様の背中をポンっと押して指名買いされる!上手い「ひと言」の添え方3つのポイント

●はじめてのお客様の背中をポンっと押して指名買いされる!上手い「ひと言」の添え方3つのポイント


こんにちは、福島美穂です。

 

はじめてのお客様の背中をポンっと押して、指名買いをしてもらうことができますよ!

 


「はじめてのお客様から指名買いをされるようになるには?」という視点でお届けします!
今日は「上手い「ひと言」を添える」です。

これは「話し方」に含まれますが、ここでは、お客様の背中をポンッと押してあげるような「ひと言」です。

お客様は「買いたい」「ほしい」そう思っても、このような想いを持っていたりします。

「でもこれ、本当に私に合っているのかな?」

「ちょっと高くないかな?」

などなど。

このような、購入にブレーキをかけるような想いをスパン!と払拭する「ひと言」になるのです。



<上手い「ひと言」の添え方:3つのポイント>

1.お客様の「自分に合うのかな?」に対して、フォローをする

→「まずは、やってみる(試してみる)と良く分かりますよ」

買うか買わないか迷っている場合「これもご縁ですね!(笑顔)」

意外と使えるのが「ご縁ですね~」という言葉。

「そっか、確かに、まったく知らない人から買うよりあなたからの方が安心だわ」と気がついてもらうきっかけになります。


2.お客様の「高いなぁ」に対して、その理由を添える

→「高いと思われるかもしれません。でもそれには理由があるのです」

「せっかくですから、〇〇には良いものを使いたいですよね。これは質にこだわっていますから」

など。

このように価値をしっかり伝えて「高いなぁ」という迷いを払拭します。

そうすることで、変に値引きせずとも納得してもらえますよ。


3.お客様の背中をポンッと押す

→「これはあると便利ですよ!(安心ですよ)」

「こういうのって、いくつあっても困らないですよね!」

「ご自分へのご褒美にいかがですか?(笑顔)」

「皆さん、こちらを選ばれますよ」

など。

このように、その商品やサービスを手に入れた時をイメージできる「ひと言」を添えます。

そうすることで、お客様は手に入れたあとの具体的な「良いイメージ」をしてくれます。



このような「ひと言」を持っておくと、お客様が一歩踏み出す後押しをしやすくなりますよ。

あなたは、ご自身の商品・サービスを提供するプロです。

プロとして、お客様に自信を持って「こうなれるよ!」と価値を伝えていきましょう。

ではもし、ご自身ならどんなことをお客様に伝えられそうですか?

良かったら、何か一つ考えてみてください。

何か少しでもお役に立てますと嬉しいです。

メル マガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報をギュッ!とまとめて、無料でお届けしています。


【無料】賢くきちんと稼げる女性起業家になるための秘訣を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^

 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。
 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ

投稿者:entre-woman