女性誌のキャッチコピーから学ぶ!思わずクリックしたくなる3つのコツ

●女性誌のキャッチコピーから学ぶ!思わずクリックしたくなる3つのコツ

こんにちは、福島美穂です。

 

WEBから理想のお客様に出会い、女性から「いま買いたい!」と言ってもらえるようになりますよ!


先日、読者の方からこのようなメッセージをいただきました^^


美穂さん、こんにちは。

私の教室では、女性のお客様がほとんどです。

なので、女性のお客様に響く「お姫様」的な考え方&キーワード&表現方法等を知りたい!です。

楽しみにしています^^

Tさま

Tさま、メッセージをいただきましてありがとうございます。

まず、キャッチコピーは、ご自身の頭の中だけで作ろうを思ってはいけません。

理由は、どうしても限界があるからです。

たとえば、電車の中吊り広告で、女性誌のキャッチコピーを見て「ん?なになに?」となったことはありませんか?

「ゆるエレ服」
「アガる↑夏靴」
「脱げるカラダになる」
「艶シンプルでいこう!」

などなど。

とっても多彩ですよね。



こんな風に目にしている雑誌は、思わず店舗で手に取ってしまったりと「行動させる力」を持っています。

つまり女性誌のキャッチコピーのように、お客様が行動したくなるポイントをつかめば、私たちも活用することができますね!

ちなみに、なぜそれほどキャッチコピーにこだわるかというと、雑誌の売上がまったく変わるからです。


具体例を見て見ましょう。

・「10日でつくる見せたいカラダ」(美的)

→夏のシーズンなら、思わず見て見たくなりますね^^

・「賢い女性は美しい!ワザで輝く厳選10着1ヵ月コーディネート」(marisol)

→ただの「1カ月コーディネート」ではないところがポイントです。

などなど。


では、まとめますね!


<女性誌のキャッチコピーから学ぶ!思わずクリックしたくなる3つのコツ>


1.お客様がイメージしやすい、やさしい言葉を使う

パッと理解できるように、言葉はやさしいものを使いましょう。

特にWEBの場合は、3秒で「好き」「嫌い」を判断されます。

イメージしにくかったり、何通りにもとれる言葉を使うと、パッと判断できません。。

考えないと理解できないのは、伝わらないのです。


2.「読ませる」のではなく「魅せる」。

短く伝える!を意識してください。

長い一文を読んでようやく理解できるようでは伝わりません。

パッと瞬間的に理解できるように、短く伝えることが大切ですね。


3.内容が分かるように伝える。

企画内容や商品の本質を伝えることを意識してください。

見せ方を工夫するあまり、何の企画なのか?何の商品なのか?が伝わらないのはNGです。




メル マガでは、ブログでは伝えきれないノウハウや情報をギュッ!とまとめて、無料でお届けしています。

【無料】賢くきちんと稼げる女性起業家になるための秘訣を、こちらからぜひ受け取ってくださいね^^


 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ


投稿者:entre-woman