補助金の書き方動画講座:「絶対合格!」という想いを込めて、とことん!お話をさせていただきました!

補助金の書き方動画講座:「絶対合格!」という想いを込めて、とことん!お話をさせていただきました!(期間限定)

 

こんにちは、福島美穂です。

 

「お金がもらえる」以外にも様々な効果がある、補助金の申請で自然とお客様が増えますよ!

 

5月20日に「小規模事業者持続化補助金の書き方講座」を開催しました!

「絶対合格!」という想いを込めて、とことん!お話をさせていただきました。

動画でのお届けは、5月30日木曜日までになっております。

現在「個別添削サポート」をさせていただいています。

こちらは、実際に私が申請書を拝見して、必要な要素をお伝えしたり、例文などを作成したりするものです。

ただ「講座を受講された方」または「動画お申し込みの方」限定の、サポートとなっております。

理由は、商工会議所verですと「6月12日(水)」という期限になっているためです。

期限内に合格レベルに仕上げるには、まず、講座をご覧いただいて、ある程度ご理解いただいてから、「申請書の添削サポート」をお受けする必要があるためです。

そして、「商工会議所VER」を受ける予定の場合、動画でのお届けは、5月30日木曜日までになっております。

 

実際にサポートをお受けいただいた方々からこのようなご感想をいただいています!

 

今まで方向性をきちんと話し合う機会が無かったので、とても良いきっかけになりました!

講座を受ける直前まで、自分達レベルの小さい規模が助成金申請出来るのか、とても不安でした。

講座を受ける中で、沢山の事例を上げながら、解決方法を伝えて下さり、徐々に自分達にも出来るかもしれないとイメージする事が出来ました。

また美穂さんが所々で、声をかけて下さり、一緒に考えて下さるので些細な事もお話しすることが出来ました。

また、ボヤーと考えていた、事業内容を振り返る事が出来き、今後の展望を考えるきっかけになりました。

まず、申請書の書き方が参考になりました。

美穂さんの書き方ですと審査員の方はもちろん、自分達にも明確な目標が出来ます。

図や写真を入れる事や大きな流れの考え方など、申請書を作る際に必要なノウハウを学べました。

40代 セラピスト Kさま

 

真采世さん、本当にありがとうございます!

 

補助金の合格には、「〇〇〇〇性」が必要不可欠です。

答えは、「実現可能性」です!

「実現可能性」とは、簡単に言えば、その事業計画をみて、「これならできるね!」と審査員に思ってもらうこと。

では、これを申請書にどう表現すればよいか?というと、3つのポイントがあります!

 

【「実現可能性」を表現する3つのポイント】

1.いつ、何をするか「時期」を明確にする

2.「図・表・画像」などを使って、具体的にイメージできるようにする

3.具体的な名称を挙げる(予定でOK!)

たとえば、雑誌広告を考えたとします。

どの雑誌に出すのか、その雑誌の購読者層とお客様は合っているのか、発行時期は適切か、掲載価格は相応か、などを見られるわけです。

ですから、ただ「雑誌広告」ではダメなのです。

この「実現可能性」の度合いで、点数が変わりますので、ぜひご注意ください。

そして、補助金は、もともとは私たちの税金です。

 

ですから、頑張っていらっしゃる方に、活用いただきたいです。

こちらの動画は期間限定で、ご覧いただくことができます。

 

動画で小規模事業者持続化補助金の合格のコツを知りたい方はこちら(5月30日木曜日まで)!

 

私は女性起業家の方を応援しています!

 

あなたのやりたいことを実現するために。
 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました☆

ブログパーツ

投稿者:entre-woman